北海道に梅雨がないというのは嘘です。このところの空模様はどう見たって梅雨、立派なほどに梅雨空。蒸し暑さ抜きの梅雨寒風情。蝦夷(えぞ)梅雨っていいます。やですねぇこういうのは、これから来るつもりの夏への配慮というものもありません。

ついでにこれまた聞いた話でもうしわけありませんが、北海道=湿気がなくてからりとした気候説。あれも本当のところは違うようです。

湿度自体は関東などとさほど変わらないんだそうな。気温が低く建物も密集していないからそう感じるだけだとも。いろいろと誤解があるみたいです。

誤解というより思い込み、幻想。そんなところでしょうか。エビデンスを求めることのない時代のロマン?そこまでいうとウソっぽいですかね。

せっかく咲いたバラも雨続きで可哀想・・・なのかな?見てくれは派手ですが、表情というものがわからないだけに植物のキモチは理解できません。でもまぁなんとなく憂いがち?には見えます。

去年の夏のおわりにリプレイとゲスとカール・ラガーフェルドのTシャツを仕込んだ。これは夏に着る服であろう。夏までは生きていようと思った。

あ〜短パンとTシャツで一日過ごす日々が恋しいぞ!です。太宰にはなれないし、なるつもりもありませんが、とにかく、早いとこ暑くなっておくれな。夏なんだからさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です