大工道具を探そうと物置を物色していたら、んっ?あれはもしやと記憶の奥底にあった懐かし道具を発見してしまいました。

ヒント:基本円形のテーブルです。短い脚部は収納式で、普段は足を折りたたみ部屋の壁側に立て掛けておくことができます。

お若い方にはわからないかもしれませんね。これちゃぶ台と呼ばれ大正時代に考案された和室用のテーブルなんです。それにしても結構な重さです。こうなるとちゃぶ台返しにも覚悟と体力が必要ですね。

エッちゃぶ台返しがわからない?ではご説明を。

 

伝説の荒技ちゃぶ台返しは筋トレ必須の高難度レベル

昭和の時代スポ根漫画(死語?かな)の金字塔「巨人の星」で主人公飛雄馬の父一徹が怒り一閃ちゃぶ台をひっくり返すシーンが有名となりました。これをきっかけにちゃぶ台返しという言葉が世の中に浸透していったのです。

実際はそれ以前にもまずい飯が出てきたらテーブルをひっくり返せと乱暴な言動を推奨する傾向があったようです。男尊女卑の時代のなごりですね。

さて今回ちゃぶ台に再会して感じたことですが、座ったポジションから一気にひっくり返すとしたらアームカール片手10kg程度のパワーではちょっとむずかしいかもしれません。怒りを表現するにもそれなりの覚悟と体力が必要ですね。

 

ちゃぶ台の記憶 遠い日の家族の時間

とちゃぶ台関連の説明はこんな感じで、それにしても小学生時代以来のご対面です。まずきれいにしてあげなくちゃね。

埃まるけ(中部地方じゃこういうね)のブツを、汚れてるの、重いの、階段が狭くて運びにくいのと、文句たらたらそれでもお宝発見の喜び笑顔で、どうにか玄関先まで。

外水道直結のホースから水ジャージャー、洗剤ゴシゴシの洗いまくり。陰干しなんてかったるいこといわないでさぁといつもの調子で。ベランダ日光浴です。

久々の太陽のお手伝いもあって、乾いたブツをお部屋に搬入。改めてよく見れば、天板の傷のいくつかには明らかに思い当たるふしだってあります。父のこと、母のこと、幼かった僕のしでかしたいくつもの失敗とかも。

そうでしたそうでした昔の家族って父親の帰りを待ってみんなでちゃぶ台を囲んで食事というのがルールでしたよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です