自作の絶品プリンが大好評だったので、つぎなるターゲット「羊羹」にチャレンジしてみました。だがしかし、赤坂虎屋さんはおろか、駄菓子屋の一口ようかんにさえ劣るシロモノ。

決してまずくはないんですよ。でも食感というか舌触り、歯ごたえ、コク味全てにおいて羊羹ではない別のもの。甘い小豆あんを食べてるだけ。おはぎやぼたもちのあんこの部分をちょっと固めにまとめました。そんか感じの仕上がりです。

見た目はそれっぽいんだけど、金と黄銅鉱くらいの違いはありそう。反省点としては、餡はつぶあんよりこしあんを選ぶべきでした。寒天ももっとじっくりと時間をかけ煮溶かすべきでした。

そういえば昔、祖母の店で羊羹作りをみたときの記憶では、大きなヘラというか舟の櫂のようなもので鍋で煮込まれた熱々の羊羹をかき混ぜていたような。あのときの固さは相当粘土が高かったはず。

なにより練り羊羹というくらいです。この練りの工程をじっくりやってみましょう。次回チャレンジに成功したら写真とレシピでもアップしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です