心機一転!筋トレで肉体改造だ。夏までに理想のカラダになってやる。年度替わりや夏が近づくと、ジムに入会する人が増えます。ジムも新入会員で大混雑、商売繁盛。でもね1~2ヶ月もすると目に見えて空いてくるんです。フィットネス業界のデータによれば一般的なスポーツジムでは半年で70%、1年後には90%の人がやめてしまうそうです。残った人も会費だけ払って利用しない幽霊会員とか、お風呂だけとか。ジム通いはいっときの勢いだけでは続きません。理想の自分はまず続けることから。やりとげるためには4つのポイントがあります。

※一般的なフィットネスクラブ継続率 (出所)SPEEDA、NEWSPICKS、Best Fitness Systems、Fitness Consulting Network

   

その1:目標を数字にして設定する

なんとなくで始めた人、明確な目標がない人のジム通いは長続きしません。目標をイメージではなく具体的な数字で意識します。まず、体重を何キロ減らしたい、腹筋を6パックに、懸垂を10回、ベンチプレスで50kgをなど具体的な目標を設定します。次は目標を実現するためのプラニングです。インストラクターと相談し、3ヶ月後、半年後、1年でなど期限を設定してムリのないトレーニングスケジュールとメニューを用意します。

    

その2インストラクターと友だちになる

通っている間にスタッフと仲良くなっていつの間にか常連。そんな経験ありますよね。スポーツジムも同じです。自分の体調やトレーニングの悩みを気軽に話せる友だちのいるジムだとつい顔を出したくなるんです。できれば一人だけでなく何人かのスタッフとコミュニケーションを取っておくといいですね。インストラクターがボディメイクのプロ、親しくなればトレーニングのコツや新しいサプリのエクササイズの話題など、最新のフィットネス情報も教えてもらえます。

      

その3:トレーニングする日を決める

空いた時間にいけばいいや、ではジムは絶対に長続きしません。ちょっと調子が悪いから、昨日飲みすぎたから、カラダがだるい。ジムから足が遠のく理由はたくさんあります。ですが行ってみると悪かったはずの体調が良くなったり、やってる間に筋肉痛が軽くなったり。なぁんだ素直に来てりゃ良かったってことも。続かない理由は習慣になっていないから。ルーティーンの中にジムの日を決め、習慣化することが長続きのこつ。できれば週に2回、むりならせめて1回トレーニングする曜日、時間を決めます。ライフサイクルに取り入れることで生活にリズムが生まれます。

    

その4:設備や会費でなくアクセスで選ぶ

ジムを自分のルーティーンに取り入れるためにはまず通いやすいこと。話題のメニューがある、友だちがいいっていったから。キャンペーンもあるし、会費も安いから、お風呂が魅力。ジム選びの基準はいろいろありますが、いちばん大事なのはアクセス。日常的な行動範囲のからはずれた場所は長続きしません。近くて通いやすいクラブを選びましょう。

    

まとめ

ジムライフを長続きさせるために押さえておきたいポイントは。1,目標を具体的な数字で設定するインストラクターと友だちになる 2,インストラクターと友だちになる 3,週単位でトレーニング日を決める 4,設備や会費でなく家や会社からのアクセスで選ぶの4点。楽しいジムライフで新しいあなたと出会ってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です