環境のことを考えてジムでのドリンクはマイボトルでという人も多いですよね。でもそのボトルもしかしたら雑菌の巣状態になっているかもしれません。飲み終わったは水洗いだけでとか、中に洗剤と水を入れてシェイクするだけなんて手抜き洗いしちゃってませんか。それけっこうキケンなんよです。

 

見えない部分がこわいマイボトルの汚れ

Girl on the training. Sports lady. Girl with a bottle of water

プラスチックはもちろんステンレスボトルにだって見えない雑菌や汚れ、匂いは付着しています。というより匂いがあったらすでにアウトですものね。シェイカータイプのボトルをパーツに分けることができるのはみんな知ってますよね。じつは飲み口付きのステンレスボトルも分解できるタイプが多いんです。

分解できるのはフタや栓、パッキンなどのパーツ。僕はパッキンの裏側にカビみたいな黒ずみを発見して大ショック。一見きれいに見えても裏側には汚れがびっしりなんてことだってるあるんです。ボトル本体はもちろん小さなパーツも洗剤で丁寧に洗うようにするといいですよ。

 

雑菌に繁殖のスキを与えない飲み終えたらすぐシャカシャカ

栄養価の高い牛乳や乳飲料は栄養も豊富ですが腐敗や変質のスピードもなかなかのもの。もちろんプロテインだってそれはおなじこと。だから飲み終わったボトルはそのままにせず、ジムの水場で洗いでおく習慣があるとといいみたいです。とくにプロテインを牛乳に溶かして飲んでいる人、バッグに入れたまま翌日なんて絶対にアウトですよ。

 

気になる汚れにはクエン酸も効果ありです

なかなか取れない汚れにはクエン酸です。顆粒を水で割って2〜3時間。あとはソフトなスポンジやブラシで洗えばOK。プラスチックのブレンダーならこれで大丈夫です。ステンレスボトルのしつこい汚れには酸素系の漂白剤を使ってぬるま湯に30分ほど。どちらも洗浄後はきれいに水分を拭き取っておくのが雑菌の繁殖を抑えるポイントです。

 

細かい溝やすき間の汚れはブラシでやさしく

小さな部分洗いは面倒ですよね。でも力まかせにゴシゴシはだめ。プラスチックなど柔らかい素材にキズがついてしまいます。この小さなキズがやっかいもの。洗ったはずが雑菌繁殖の温床になったりしてね。スポンジが届きにくいところはすみブラシやすき間ブラシで汚れをかき出すように。面倒に思えてもなれればカンタンです。

 

マイボトル代わりにペットボトルを使ってはいけないわけ

ペットボトルやキャップをよく見るとギザギザや凹凸があったりと意外に複雑な形をしていますよね。底の部分にも突起があったり。この凹凸や突起に雑菌が入ると除去するのはなかなかむずかしいのです。それを再利用しようとするとさらに雑菌がという悪循環。やっぱりペットボトルはリサイクルにまわすのがいいみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です