刃牙VSカマキリ。格闘技好き、マンガ好きの人なら覚えてますよね。主人公が想像上の巨大カマキリを相手に戦ったあのシーンです。このトレーニングでも大事なのは想像力。手の中にダンベルやバーがあるとイメージしておこないます。

背中のメニューはプルダウンや懸垂をイメージしてバーを握るところから。二頭筋・三頭筋ではダンベルを手に持ったつもりで。実際にやってみると、あっこの感じかなってわかるようになります。きたえたい筋肉に意識を集中させるとより効果も高まります。

 

手ぶらでできるどこでも筋トレ

このエクササイズのいいところは特別な器具を使わないこと。だから落としたりぶつけたりなどが原因のケガのリスクもなし。

やり方もカンタン。ジムでのダンベルの重さをイメージし、引き上げる感じで腕を曲げてみるとわかります。腕をさわると筋肉がかたくなっているはずです。これがきいてる証拠。お腹に力をいれると腹筋に負荷がかかるのがわかりますよね。あれといっしょです。

慣れてくるときたえたい筋肉を意識を集め緊張させるだけでも効果ありです。ただ、ダンベルはともかく、マシンにまったくさわったことのない人はイメージするのに時間がかかるかもしれませんね、でもちょっとなれれば大丈夫。ゴリマッチョまではムリでも細マッチョ手前くらいならいけますよ。

一番手軽なエア筋トレはアームカール

ダンベルなしのアームカールです。ヒジは脇につくくらいに締めてカールの間も離さないように注意して行います。もちろんイメージとしては手の中にダンベル。腕を下に真っすぐ伸ばした状態から絞るようにして拳を肩に向けて上げていきます。感覚がつかめてきたら手を開いて行ったり、手首の角度縦、横、内・外斜めと変えて行うと微妙に使っている筋肉の違いがわかります。こんないつもなら意識していないトレーニングができるもエア筋トレのいいところ。おまけにどこだってできますものね。でも電車の中はちょっとヘンタイに見られても仕方がないかも。

背筋だってエアでいけるラットプルダウンもありです

ジムにあるラットプルダウンマシンをイメージしてください。バーをつかむ感覚で腕をY字に伸ばします。椅子がある場合はいつものマシンのように座って、なければそのまま直立してでも大丈夫です。大切なのは胸を張って肩甲骨を寄せる感じです。

ポジションができたら、イメージの中のバーを胸に引き寄せるようにヒジを曲げていきます。拳が肩より少し下までおりてきたらいったん止めて、腕をまたゆっくり上に。こちらもエアアームカールと同じで、手幅や胸側、首の後とおろす位置を変えながらきいている筋肉を意識できるのがいいですよ。

僕はお覚めトレーニングとしてやることが多いのですが気分がシャキッとしますよ。下の動画はなにかいいエア筋トレの例がないかなと思ってた発見した面白そうなyoutube動画。エアドラムワークアウトですって。なんだか動きが和太鼓っぽいんですけどこれ人気なんですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です