今まで変わりそうで変わらなかった様々なことがらが未知のウィルスの台頭により急速に変わろうとしています。社会やビジネスのシステム、家族との関わり方、コミュニケーションのスタイル。僕の身の回りだけを見渡しても変化は少なくありません。

スカイプもいいけどメインストリームはズーム

今まで掛け声ばかりが先行していたweb会議もすでに5回以上。一言も聞き逃すまいと集中するあまりリアルより密度は高くなるみたいです。ただ、それに比例して疲れもリアル以上。そこは仕方がないけど、自宅&自前のパソコンだけに資料がすぐ取り出せるのは大きいかな。

最初はスカイプでしたが先日からZOOMにチェンジしました。といっても40分限定の無料バージョンですけどね。去年の12月に1,000万だったユーザーもすでに4月2日の時点で2億と急増しているそうです。これやっぱりあのウィルスの影響でしょうか。

確かに使いやすいですね。これが世界標準になっていくのかな。それともスカイプが巻き返すのか、新しいプレイヤーが参入するのか。この分野のこれからが気になります。音質は…そうですねZOOMそのものより使用するマイクやスピーカーに依存するみたいですね。

 

web会議には骨伝導式イヤホンがいい

スピーカーフォンはJabraのSPEAK 410を評価する声が多いようです。試したわけではないので断言はできませんけどね。イヤホン・ヘッドホンに関しては音の遅延などを考えるとブルートゥースより有線を選びたいところです。僕が今ひそかに注目しているは骨伝導式です。

イヤホンやヘッドホンを装着したままで長時間の会議ってやってみるとわかりますが本当に疲れます。その点、耳を圧迫しない骨伝導式なら負担も軽減されそうですからね。試してみる価値はありそうです。

 

背景アプリでweb会議のゆううつも解消

これ切実に感じてます。最近はリビングで仕事をしているんですが、背景がちょっとマズイんです。これ僕だけじゃないと思います。いやほとんどのテレワーカーがこれで余計な苦労をしてるはずです。でもそのためにわざわざパーティションとかっていうのもね。

背景用のアプリってないんでしょうか。と調べてみたらやっぱりありました。“バーチャル背景画像”で検索するといろいろとでてきますよ。どうもゲームの背景が多いようですが、我が家のリアル生活公開よりは先様にも喜んでもらえるでしょう。

あれっ!よくみたらZOOMにもバーチャル背景設定があるじゃないですか。ダメですねわからないことだらけです。バーチャル背景の設定についてはこちらをどうぞ。下に動画も貼っておきますね。ちなみに僕のMacではグリーンバックの背景布を使えば利用できるようです。

 

スペインはベーシック・インカムでどうなるんだろう

今日一番驚いたのがこのニュースです。今まで1都市でなどの試みはありましたが、スペインがこんな思い切った手を打つとは。見方によってはいいタイミングともいえます。

この新しい仕組みがスペインだけで終わるのか。それとも一定の成果を上げてEUさらには世界各国に広がっていくのか。格差社会という歪のなかを生きる僕たちにとって、この先に何がおこり、どう変わっていくのか気になるところです。この問題については、もう少し調べた上でわかったことを、またこのブログで書いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です