基礎代謝があがって太りにくいカラダになる。成長ホルモンの分泌で新陳代謝が活発になる。いつまでもわかわかしいカラダでがんばれる。筋トレをすすめる記事や情報サイトっていいことばっかり書いてありますよね。でも筋トレもメリットばかりではありません。今日は筋トレで気をつけるべきデメリットについてお話します。

 

気を抜くと事故やケガがまっている

筋トレ中のケガや事故、決して少なくありません。ウェイトトレーニングというくらいですからね。しかも使用しているのがダンベルやプレート。あの重い鉄の塊みたいなのを足に落としたり、カラダに当てたりしたら相当な衝撃ですよ。当たりどころが悪ければ大惨事ってことも。

トレッドミルも安心はできません。スピードを上げすぎて足がついていけなくなったり、うっかり転んだり。スタジオのレッスンでも激しいエクササイズで隣の人がよろけてぶつかってきたり。夢中になってカラダを動かすジムはキケンな空間でもあるのです。

 

ケガのリスクは基本自己責任です

また、負荷をかけすぎて筋肉が断裂したり、肉離れや捻挫などによる故障のキケンだってあります。僕も以前、プレス系トレーニングで肩に衝撃が走った悲しい記憶を忘れることができません。

しかもリスクは基本的に自己責任。傷害保険に加入していても明らかに事故と証明されなければ保障の対象にはなりません。トレーニング中など反復運動によって部位や筋肉を痛めて場合は保険金の支払いは難しいのだそうです。

 

トレーニングを続けるといままでの服はもう着られなくなる

いままでの服はあきらめてください。大好きだったタイトなシャツも。やっと見つけたスリムで美しいラインのジャケットも。スリムでカラダにフィットしたパンツも。体型が変わってしまったらもうムリ不格好なだけです。全部新しく買い替える覚悟が必要です。捨てましょう。

まぁその真剣に筋トレを続けると、次のシーズンが来る前にカラダはそれほど大きく変わるってことなんですけどね。でもお金もかかるし、ファッションの傾向も絶対に変わってします。それだけは覚えておいたほうがいいですよ。

 

国産ブランドがダメならインポートブランドという救世主で

いままでのブランドじゃダメ。かといって他のブランドもやっぱりスリム系がメインだし…こまりますよね。大丈夫ですよインポートのブランドならサイズの問題もデザイン性もクリア。大満足のブランドがきっと見つかります。この際、ヨーロッパやアメリカから直で輸入しちゃいましょう。

“でもお高いんでしょ”そうきますよね。いいえ全然。日本語にも対応している海外のファッションサイトなら、同じブランドを国内で買うよりリーズナブルに自分のものにすることができるんです。

しかもタイミングによっては送料も無料。注文からお届けまでだって10日はかかりません。僕とクーマはここへきて靴もウェアも小物もすっかり海外サイトへシフトしちゃいました。

筋トレでファッションセンスがアップ

モノによっては1シーズンや2シーズン前のものかなというのもありますが、どうしても新作じゃなきゃイヤという人以外はいい選択じゃないですかね。海外サイトからの直輸入。時々、信じられないほどの掘り出し物だってあるんです。

それにサイズが合わなかった場合は、交換してくれるサービスだってあるから安心。となるとついつい毎日のようにヨーロッパのファッション情報なんかを仕入れて気になる新しいブランドもしっかりチェックして。なんだか筋トレのおかげでファッションセンスもアップ?意外なプラス効果を楽しんでいます。

僕たちが最近使っている海外ブランドサイトはYOOXASOS。どちらもリーズブルな価格設定がいいんです。上のYOOX、ASOSをクリックするとそれぞれのサイトが開きます。

YOOXはイタリアのサイト。日本語に対応しているので安心です。

※現在は諸事情により出荷が一時中止状態

 

ASOSはイギリスのサイト。表示は英語、価格もユーロですが翻訳ソフトで大丈夫。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です