いやぁタイトルのまんまです。筋トレの皮を被ったほぼ肉体労働。それがファンクショナルです。違いは肉体労働は職種によって使う筋肉にも制限がありますが、トレーニングの場合がそこが逆。きたえたい部分や目的によって労働?を選ぶという点ですね。 

 

スッゴクいいんだけど場所を取るのが欠点のバトルロープBattle Rope

動画のお姉さんワイルドですねぇ。実は僕このエクササイズやったことがありません。でもこれはやってみたいでしょ。全身筋トレと有酸素の同時進行です。握力強化にもいいですね。

amazonなんかでみると太さ50mm✕15mの特大サイズでも9,000円を切るくらいです。ただ特大サイズは中の上クラスの筋トレ愛好者でも必要ないと思います。38mmで十分です。

問題はどこでやるか。場所です。公園とかになるんでしょね。それも結構目立ちますから夜とか?都内では難しいかな。札幌とか郊外ならなんとかいけそうです。

重さもそれなりにあります。38mm✕9mで8kg前後。持ち運びにいいのはこのくらいまででしょうかね。女性の脂肪燃焼目的なら3mでもいいかな。短いサイズなら庭なんかでもできそう。それでも3kg近くありますよ。

トレーニングの強度とコストを考えると僕はこのバトルロープ買いだと思います。特にジムに行く時間がない人には短時間で効果が上がる、ひとつで様々な部分をきたえることができるなどのメリットが!

  

ひっくり返すとぶっ叩くふたつのタイヤ系トレーニング

叩け!力の限り叩くんだ!のハンマートレーニングHammer training

出ます。アドレナリンがドックドクと出まくります。男性も女性も野生に返って「ウォ〜リャ〜ッ」と雄叫びを上げるレベルです。女性だって雄叫びです。

ワークアウトとしてはシンプル。ハンマー持ち上げる、タイヤに打ち下ろす。これの繰り返しです。仕事と違うのは左右を均等におこなうというところ。

だいたい想像はつくと思うんですがこれ反動が結構大きいんです。跳ね返されます。しっかり握っていないとキケンです。ま、それがトレーニングとしてのポイントでもあるんですけどね。

きたえられるのは肩と背中に筋肉、腕、手首、握力にもききますね。連続して行うと心肺能力も当然ですが脂肪燃焼効果もありです。

ハンマーと大きめのタイヤが手元にあるのなら試してみるのもいいです。欠点は音。意外に大きな音がします。そこはまぁ覚悟しておいてくださいね。

持ち上げろ!ひっくり返せ!パワーは正義だタイヤフリップTire flip

昭和の伝統芸「ちゃぶ台返し」が地味に見えるパワー芸?いやいや冷静に考えると非常に効率的に全身をきたえることのできるある意味理想のトレーニングです。

ジムトレの種類でみるとスクワット、クリーン、プレス系がインクルーズされてます。上半身、下半身の筋肉や各関節を総動員するトレーニングですね。

パワー一発の爽快感もありますよ。ゴールドジムなんかにはトラック用の大きなタイヤを半分に切り取ったような専用マシンがありましたね。

なぜマシンかって。それはそうでしょう。本物の大型タイヤなんか使ったら、ちょっと扱いを間違えるとそのまま転がって‥。ネッそういうことですよ。

こうしてみてみると僕たちの身近でまだまだファンクショナルトレーニング用として使えそうなものありそうですね。

僕としては一見お仕事的なワークなのに生産性がないという点も気に入っていたりします。だって、トレーニングは純然たる趣味ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です