3年前の、旧ブログに書いた文章をもう一度。テレワークが浸透するとこういうai系一歩前みたいな機能もどんどん進化していくんでしょうね。やがては、文章作成もaiにおまかせ。いっそ読み手も?人間いらないじゃないですか。

口実筆記じゃないよ口述筆記だって

このあいだうちから、ある機能を使って文章を書いている。このあいだうちって云う言い方正しいのかなあ。女房には何それっ?て言われちゃうんだけど。まぁそんな話しとは関係なく。実はこれ口述筆記というかマックの音声入力で書いている。

と、ここまでの文章を音声入力した結果が下の文言。

この間家から、ある機能を使って文章を書いている。この間家って言う言い方正しいのかなあ。女房には何それっ?て言われちゃうんだけど。まぁそんな話したら関係なく。実はこれ効率色というかマックの音声入力で書いている。
(?マークも音声入力対応)

少し手をいれるだけで、結構使えますね。
このあいだうちなんて云う表現は、普通の文章では使わないからそれを差し引くと、悪くない。

発音さえもっと明瞭なら変換精度も高くなるんだろうな。これ方言にも対応してるのかしら。だれか方言ネイティブの人がテストしてくれないかな。

ただ、入力している自分の姿が窓ガラスに映ると恥ずかしいのは事実だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です