体重や体脂肪、ウェストとか指標はいろいろあると思います。ダイエットの理由なんて人さまざまですからね。自分が理想だと思える数字や幸せな気持ちを感じられる体型でいいと思うんですよ。

ただそこにプラスすべきは筋肉じゃないかと。せっかくスリムなカラダを手に入れても、動きに影響を与えるほど体力が落ちていては美しくなんかありません。

これからのダイエットは動ける、使える筋肉の存在なしでは語れないと思うのです。静止画と動画の違いみたいなものです。人間の美しさは動きの中でこそ引き立ちます。ダンサーの動きやアスリートの肉体が魅力的に見えるのもそこに動きの持つ、力強さ、リズムといった美しさを感じるからなのです。

エネルギー効率の悪いカラダが理想かもしれない

太りやすい体質と太りにくい体質。食べたもの脂肪としてしっかり取っておくか。きれいさっぱり運動で使ってしまうか。単純にいうとこれですね。

太りやすい体質の人では、食事で得たエネルギーを貯金するように上手に備蓄に回します。エネルギー効率という面ではとても優秀だとも言えそうです。

人類が飢えから開放されたのなんて、ほんのここ数百年のことですからね、いやもっと最近かな。食料を得ることが大変だった時代には、カラダに取り入れたエネルギーをどうしたら無駄なく使える、脂肪という形で上手に備蓄できるかが、生きる上で大切な条件だったのです。

そう、昔は太っていることが幸せの象徴であり、お金持ちをイメージさせるアイコンでもあったのです。

でもいま求められている方向はまったくの真逆。エネルギー効率の悪いカラダ。別の言い方をすると基礎代謝の高いカラダです。

 

食事制限中心のダイエットは今すぐにやめるべき

食事制限系のダイエットでは結果として体重が落ちたとしても、カラダは命を守るために基礎代謝の低い、痩せにくい体質を作ろうとしてしまいます。これではリバウンドを引きこすのも、あぁなるほどね。という話。

筋肉、特に大きい筋肉ほど基礎代謝を上げてくれるんです。もちろん、鍛えることでエネルギーも消費するし、筋肉だって成長するからそこでまた基礎代謝を上げる条件がプラス。

栄養だって時間を決めて毎日ちゃんと摂ることでカラダも「エネルギーどんどん使ったってまた補充されるから大丈夫」と無理に脂肪を増やすことだってしなくなります。

食べない系のダイエットやめましょう。太りやすいカラダを作るようなものだし。第一美しくありません。女性も男性も、キレのある美しいカラダを手に入れるための新しいダイエットを。欧米ではすでに主流になっているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です