筋トレ歴も20年以上になるといろいろなことがわかっってきます。。僕がこれまでメンバーとして利用してきたのは5つのジム。その他にいくつかの公営体育館にもお世話になりました。今日はその経験から感じた違いやそこで出あった印象に残る人たちのことをお話したいと思います。

 

マニアックなトレーニーが多い公営体育館

設備や機器の違いはともかく。公営の体育館にはストイックな人が多いように思います。うっかり声をかけちゃいけないオーラがでてる人よく目にしました。ウェアもシンプルにまとめている人が多かったように思います。中には突拍子もない派手めな人もいましたけどね。スタジオは女性が多いせいか和気あいあいといった感じですが、マシン組は黙々とメニューをこなしている姿が修行僧的なイメージにも映ります。この我が道をいくムードの反面、独自のルールや仲間意識も強いように思います。これが初めていったときにはわからないから困っちゃうんです。ベンチが空いたから使おうと思ったら「そこいま○○さんが使うから」なんていわれてしまったこともありました。新参者はつらい。

 

スポーツジムにはフレンドリーな人が多い

では一般のスポーツジムはどうでしょう。ウェアはみなさんこだわりがあるように見えます。マニアックな人もいますが、フレンドリーな人が多いように感じました。これにはインストラクターの存在も影響しているように思えます。というのもジムとはいえ民間ビジネスの基本は接客業。メンバーへの声がけは積極的に行われます。会員としてもこれになれてしまうんですね。

この空気感があるから会員同士の間にも自然とあいさつをする雰囲気が生まれます。東京時代のジムでは「ベンチまだ空かないのかな」視線を感じると「よろしければいっしょにどうです」、「もうすぐ終わりますから」という言葉が自然にでてくるような環境がありました。べつの言いかたをすると軽い人が多いってことですけどね。

 

非公式お風呂会員というなぞのメンバーがいた

今でこそお風呂専用の会員制度もあるようですが、ロッカールームやお風呂では見かけるのにジムエリアでは見たことがない人の存在に気づいたときは一瞬エッ?となってしまいました。8,000円も1万円もかけてお風呂だけなんてもったいない。反射的にそう思ってしまいましたね貧乏性な僕は。でもよく考えるとそのころ銭湯のお値段が400円ほどでしたから、毎日入れば1ヶ月12,000円。これでシャンプーやリンス、ボディソープも使い放題。そのうえ朝は9時10時から営業していること考えると、妙に納得したことをおぼえています。

利用していたご当人にいわせると大きな湯船で足は伸ばせるし、ドライサウナ・ミストサウナもある1日に何回入ったっていい。これは通わない手はないだろう。ってことになるそうです。確かにねぇ銭湯でもサウナは別料金というところも多いですものね、ご近所にお住まいの方ならそうでしょうとも。先達はあらまほしきことなり。僕もそう遠くない未来にはお風呂会員へシフトでしょうかね。では今日はこのへんで。このジム系話題、機会があればまたご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です