冷静に考えればそんなことありえないってわかりますよね。そうありえないんです。もしかしたら今度は効くのでは、とすがりたくなる気持ちだってわかります。でも絶対に飲むだけとか、手抜きで成果をあげられることはありません。それでもだまされた程度ならいいんですが、問題は健康へのリスク。そうならないためには、気軽に試して後から取り返しの使いないことに‥。そんなグレーゾーンのアメリカからの報告を見てみましょう。

アメリカのプロテインはキケンなのか

webサイトにアップされている情報には、信憑性に乏しいものも少なくありません。たとえば海外製のプロテインやサプリメントには微量な違法薬物が使われているからキケンと書かれているサイトを目にしたことがあります。

なるほどアメリカならありがちだな。それに比べて日本は厳しいからと納得する人もいるでしょうが、この指摘どうもムリがあります。というのも日本とアメリカではサプリメントに対する定義も認識も違うからです。

アメリカではダイエタリー・サプリメント健康教育法という法律に従い、製造者には素材の安全性に関するデータを提示する義務が定めれれています。その反対に日本のサプリメントにはアメリカのような法律上の規定はありません。これがアメリカと日本のサプリメントに関する違いです。

 

品質管理がしっかりしているのはアメリカだった

現実はどうでしょう。筋トレやダイエットを軽く検索するだけで、エッこれホントと???満載の広告がたくさん出てきます。本当はサプリメントで効果効能を表示することはできないはずなんですけどね。あぁそうか個人の感想というやつですね。でもそれだって、誤解を抱かせるという意味ではグレーゾーンなんじゃないですかね。

ちなみに日本のサプリメントはジャンルとしてはいわゆる健康食品。法律上の規定はありません。

アメリカにはGMP(適正製造規範)という品質基準があります。これは原料の入荷から製造、製品としての出荷までの過程において、製品が安全で一定の品質を保たれるように定められた規則です。日本のサプリメントや健康食品には法律に基づいたGMPは規定されていません。

しつこいようですが飲むだけで効くはウソだと思ってください

ここまでの文章ではアメリカ製安心、日本製嘘が多い的な内容でしたが、実は法律で厳しく規定しているはずのアメリカでもここ何年か、ダイエットや筋肉アップサプリの周辺で問題が起こっているのです。

FBA(米食品医薬品局)はダイエット、筋肉アップ、性機能の向上などを強調したサプリメントの安全性について、数多くの警告を発しています。

特にダイエット関連の商品では下痢や便秘、脱水などの不調ばかりでなく、肝臓や腎臓の障害などとの関連についても指摘されています。筋肉・筋力の向上についても各種の問題が起こっているようです。

そして問題なのはこれら一部のサプリや栄養補助食品が大げさで誤解を招くような表現で販売されていることです。とりあえずが冷静な目で事実を判断して、キケンな製品には手を出さない。信用のおけるサイトやメーカーから購入するが正解なのでしょうが、この問題、まだまだ奥が深そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です