スポーツジムやっと再開。きましたねぇ、といいながら僕はまだいってません。どんな様子だったんでしょう。気になりますよね。そこで、復活第一号としてさっきジムから帰ってきたばかりのクーマを質問攻めにしてみました。

 

ジムのある毎日に帰ってきた

タンタン:久々のジムはどう。どんな感じだったのか教えてよ。
クーマ:なんかレセプションのところでスタッフさんがみんなで迎えてくれて。店長の顔見たら、涙が出てきそうになっちゃった。

タンタン:またトレーニングできるんだって?そんな感じなの。
クーマ:なんていったらいいんだろう。また、以前のような日が戻ってきたんだっていうか。いやなんか違うなぁ。同じじゃないんだけど、すごくホッとしたっていうか。大切な時間だなって。

  

ジムでは自主的にソーシャルディスタンス?

タンタン:こうなったからわかることってあるよね。ところで、込み具合はどうでした。
クーマ:プールは今までと同じくらい。でもトレーニングブースはガラッガラ。2人くらいしかいなかったよ。

タンタン:プールは安心って思ってるのかもしれません。だけどトレーニングブースはちょっと不安。そんな感じなんでしょうかね。
クーマ:混んでる電車の方がずっと心配な気がするけどな。トレッドミルは1台おきに使用不可になってるし、他のマシンも除菌必須って感じで、汗とかそんなに心配することはないのにね。

タンタン:イメージの問題でしょうかね。今日一日がすべてということもないでしょうが行政や報道でも、なんとなくスポーツジムはキケン的な風潮がありますからね。
クーマ:それは、今日プールにきてた人もいってたよ。
タンタン:マスクで筋トレというのもムリがありますからね。
クーマ:マスクをしながらは逆にカラダに良くないよね絶対に。

 

ジムは本当にキケンなんでしょうか

タンタン:ふつうに考えてスポーツジムってそんなにキケンなの?そこがすごく疑問なんですけどね。
クーマ:ジムがキケンってなったのは神奈川のジムでクラスターが発生したからだったよね。

タンタン:そうそう、換気が問題とか汗が飛び散るとかは後から付け加えた理由のような気もします。
クーマ:自分の使った器具はアルコールで除菌っていうのがもともとジムでは当たり前だったよね。

タンタン:だからキケンがあるとしたら会話、コミュニケーションじゃないかと思うんです。
クーマ:女性の場合は多いかも。
タンタン:それにしても飲食店やふつうのお店とそう変わらないですよ。ジムの方が密な空間で会話ということもないですものね。

心配なのはジムについてのこれからのこととか

クーマ:ダンスの先生とかパーソナルトレーナーの人とかこの数ヶ月たいへんだったんだろうな。
タンタン:ジムと契約はしていても原則フリーランスという形態でしょうから生活がねぇねぇ。

クーマ:今後のことも不安だと思うよ。スタジオのクラスだって時間が短縮されたし、参加人数もソーシャルディスタンスで前よりだいぶ少なくなってるしね。収入としても今までと同じというわけにはいかなんだろうな。
タンタン:僕が心配なのもそこです。知り合いのパーソナルトレーナーさんとこの間話したんですけど、やめて違う仕事を探すかもっていってましたね。

クーマ:やっぱりそうなんだ。なくなっちゃうジムも出てくるのかなぁ。
タンタン:これは大手のジムの話なんですけど、3月の決算は前年比でどこも大幅なマイナスになってるみたいですね。

クーマ:ほとんどのジムが会費制だからね。お休みの間の会費を返金とか大変そう。
タンタン:それだけじゃなくて退会した人も多かったみたいです。

 

大切な場所だからスポーツジムを応援したい

クーマ:大変だけどがんばって欲しいナ。安全とか衛生にはどのジムも今まで以上に力を入れてるみたいだし。
タンタン:そもともと健康のためにあるところですものね。こんな風評被害みたいなことでどうにかなるようなことだにだけはならないことを願っています。
クーマ;みんなの大切な場所です。インストラクターさん。、スタッフさん、そしてジムに関わる全ての方々、私たちメンバーも応援しています。みんなのためにがんばってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です