書籍に書かれたこと、権威のある新聞やメディアいってることが真実。さすがにまだこんな考え方してる人は少数派、ですよね。

それはさておきWikipediaです。権威ある知識層からは一段低く見られているあのwikiです。
 
wikiに書いてあることをまともに信じちゃだめって、これはもう当たり前のように言われていること。ましてやそれを引用した文章ときたら、それはもう最初からアウトでしょ。と、僕自身つい数年前までそう言ってました。

でもここへ来て考えが変わりました。wikiのご先祖様?百科事典がブームになったのは日本の場合1960年代。

その当時のステータスといえば、お父さんなら応接間の舶来ウイスキー(はくらいと読みます。当時の海外信仰。特にmade in 欧米ですかね)、お母さんの毛糸編み機、そして子供部屋には百科事典。

これが前回の東京オリンピック前後の裏三種の神器的ステータスアイテムだったのです。ぬけぬけと、百科事典をバカしたようなこの書き方、ずるいですよね。自分でも皮肉っぽいいやなやつだなという気はしてます。反省。

まっでもそこもとりあえず置いといて、と。知識とか常識、事実、真実、なんとかんとかこういうのってあくまでもその時点ではとか、この体制下では。いやもっと言ってしまえばこの国では、我が家では、仲間内の常識としてとか。

ほんの限られた範囲でイイねをもらってるつまならい共通認識。その程度のなんじゃないのとも思うのです。
 
だったら、その時点とか、グループ内とか。そんなものにしがみつくのをやめたらどうなんでしょう。

異なる見解を無視し。権威こそ全てとその部分にだけ固執する権威あるメディアよりも気づいた時点での更新があるだけwiki、まともなんじゃないですか。

それにどんな情報でもそれを見て、判断するのは自分ですよね。新聞やテレビの意見を自分の考えのように話す人より、自分の言葉自分の考えで「私はこう思う」という人の方が信じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です