0 0
Read Time:10 Second

腰への負担が少ない

やってみるとわかるけど、ヒップスラストって数を増すごとに腰にくるんですよね。じわじわと。それでつい意識がお尻から腰の方へ移っちゃう。こうなるとトレーニングとして違う方向になっちゃいますね。その点ブルガリアンスクワットは迷いなし。お尻と太ももにバンバンきます。もっと負荷を掛けたいときは、ダンベルやバーベルをプラス。ねっ合理的でしょ。

ナチュラルで体幹トレーニングにも

初めてだと普通のランジでも難しかったりますよね。後ろ足をベンチや椅子に乗せたままのスクワットは思った以上に難易度が高いんです。大切なのはバランス。このバランスをとるため鍛えられるのが体幹という理屈になるのです。バランスに自信がない人はテーブルや椅子の背などを補助にしてやるといいかな。

ダンベルで負荷をかけるとさらに効果的です。

バランスボールがあるともっといい

もう一歩レベルアップをというならベンチや椅子の代わりをバランスボールを使ってみましょう。前後左右の微妙な動きをコントロールできるところがいいんです。単純に大殿筋を鍛える以上の効果が期待できますよ。

こういうのですね。むかし買ったのがおウチのどこかにあるかも。

ストレッチという点でもおすすめ

腰の上下動が中心のヒップスラストに比べ、ほぼ全身運動といってもいいブルガリアンスクワットは、下半身のストレッチとして効果的。関節の柔軟性に難のあるボクの場合では、左右20回ほど繰り返すと股関節の可動域にも広がりを感じます。あぁそれから心肺機能にもいいみたいですよ。慣れない間やバランスに自信がない人はテーブルや椅子の背などを補助にしてやるといいかもしれませんね。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)