3連休最後の一日。部屋の中でボケ〜っもいいけど、その時間ムダにしないで筋トレやダイエットどうですか。そうはいってもタイトルの通りながらですからね。特別なことはしません。ただちょっとだけ意識を変える、工夫してみる。この2つをまもるだけで毎日の暮らしがそのままトレーニングタイムにかわります。

 

おぎょうぎは悪いけどカラダにはいいみたいですキッチンではね

クーマには外でいってはいけません。と口止めされてるのですが発表しちゃいます。洗いものをしてるとき、なんといったらいいのかなシンクの隣のガスレンジだったり食洗機のあるとことか。あそこに片足を乗せながら器用に軽めのスクワットなんかしてるんです。本人いわくこれをやると股関節も刺激され可動域も広がるそうです。洗いものは朝晩2回、ルーティーンに取り入れることで筋トレのベース管理としてもいいそうです。洗いもの僕もたまにお手伝いしてるんですけどここまでは真似できません。

お食事タイムはランジタイム?それはあるのかクーマよ

そうそうクーマさん朝ごはんのおぎょうぎも問題ありです。納豆やヨーグルトで朝の糖質は控えてるみたいですけど、食事のスタイルがねぇ。食べながらランジですよ。上半身は手には食器で下半身はランジ。こうして食べると緊張感があって食べ物もよく噛めるしリズムも保ていいそうです。お腹も引っ込むと本人はいってますがどうなんでしょう。ともかく下半身や背筋を伸ばすという点ではいいみたいです。

 

気持ちのいい日は洗濯ものスクワットで

1,物干しの下に立ち両足の間にランドリーバスケットを置く
2,スクワットの姿勢でカラダをおろし洗濯ものを掴む
3,そのまま伸び上がって物干しにセットする
書くほどのこともないんですけど、洗濯ものを干すときはスクワットを意識しながらするといいでですよってことです。このいつもの動きに自重トレをプラス理論(理論なのかな?)いろんな家事に応用できます。意識の持ち方や動きを工夫するだけでダイエット効果は驚くほどあがります。ウソじゃありませんよ。

犬と遊ぶをトレーニングにおきかえてみる

 

公園やご近所のドッグランで犬を遊ばせるときだってトレーニングです。たとえばボール投げ。そう投げたボールを犬がとってくるあの遊びです。そのときだって犬と一緒にボールを追いかける。これだけでダッシュ、急制動、上下動、再びダッシュ。とかなりな運動。おまけに犬も喜ぶ、飼い主もゲーム感覚で楽しい。つまり動きにメリハリをつける、フォームを意識して筋肉を動かすそれだけで自重トレーニングはできるってことなんです。

歩き方だって工夫ひとつで変わってくる

歩くときはよくマリオネットになった自分を想像しています。頭のてっぺんから伸びたヒモで吊り下げられているイメージ。この感じを意識するだけで姿勢は自然とまっすぐに。移動はおへその下あたりから引っ張られるように重心を前へ前へ。するとほらキュッキュッとキビキビと歩けるでしょ。このリズムがいいでんす。腿の部分が自然と刺激されているのがわかります。僕は歩道と車道の間の縁石や敷石など細い部分を見つけるとついついバランスを取りながら歩いちゃいます。もちろん車や周囲には気をつけてですけどね。これがまたいいんですよ。コアやバランスのトレーニングになるだけでなく周囲への注力も刺激されるんです。クーマには子どもみたいって笑われますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です