昨日に続いてベーシック・インカムネタです。スペインのナディア・カルビニョ経済大臣が発表したベーシック・インカムですが、僕のイメージしていたそれとは少し違いがあるようです。てっきり国民全員が対象だと思っていたんですけどね。

 

ベーシック・インカムはふたつある

クーマ:発表された記事には“「ユニバーサル・ベーシック・インカム(最低所得保障制度)」制度を導入”とあったんじゃなかった?
タンタン:あったよね。しかも“感染拡大の脅威が去った後も、ユニバーサル・ベーシック・インカム制度は継続する”ともありました。

クーマ:スペインいいね、移住したくなっちゃった。ところで経済大臣がいってたユニバーサル・ベーシック・インカムって何?ユニバーサルのつかないふつうのベーシック・インカムとどこか違うの?
タンタン:あ〜やっぱりね。聞かれると思って調べておきました。すべての国民にこれならなんとか生活できるかなってお金を政府が定期的に支給してくれるのが本来のベーシックインカムの定義なんだけど。

クーマ:いま“だけど”っていったよね。ということは別の解釈があるとか?
タンタン:そのとおりです。すべての人じゃなくて一時的に大変になった人とか所得がいくらいくら以下とかの条件に当てはまる人を対象にした給付もベーシック・インカムと呼ばれることがあるんです。

クーマ:それって今までの社会保障とどこが違うのいっしょだよね。今回の日本の給付制度もじゃあベーシックインカム?
タンタン:それだと区別がつかなくなるでしょ。そこで無条件で国民に一定の金額を給付するベーシックインカムをユニバーサル・ベーシック・インカムと呼ぶようになったんです。

 

国民全員ではなく一部対象のベーシックインカムなのかな?

クーマ:最初にイメージしていたのじゃないって書いた理由はどこにあるの。
タンタン:この発表だけならああそうかでよかったんだけど、これがちょっと複雑。スペインの新聞「ラ・バングアルディア」のインタビューに答えて、ホセ・ルイス・エスクリバー経済保障大臣は「最も社会的に弱い人々向けの永続的なセーフティーネット」つまり社会保障のひとつ的なことをいっています。
クーマ:ひとつの政府なのにこのタイミングで経済大臣と経済保障大臣で意見が微妙に違ってるのか。いや国民全員と一部じゃ微妙とかじゃなくて大違い。

タンタン:そこは世の中的にねじれと呼ばれるやつですね。大まかな予算や方向性は決まってるけど、正確なことはこれからということなんだと思いますよ。
クーマ:そこはなんとなくわかるけど。経済大臣がベーシックインカム派で、経済保障大臣が社会保障派というカタチかな。足並みが揃ってないとか。とにかくまったなしの緊急事態なんだから早くやれよ、っていってやりたい気持ちになってます。

タンタン:ただ、経済大臣は「ユニバーサル・ベーシック・インカムの導入に向けた手続きは、非常に煩雑なものになるが、我々のチームは決意をもって取り組んでおり、可能な限り迅速に導入する」ともいっていますからそこに期待するべきじゃないかと。
クーマ:経済だけじゃなく、いろいろな意味で大きな変化のタイミングだものね。スペインがどんなお手本を見せてくれるかに期待しましょう、に一票です。
タンタン:そうね、ベーシック・インカムもそうだけど、AIとか社会システムとか急激に変わっていくんだろうな。このへんの話題まだまだ続けていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です