どうもタンタンです。昨日はなんだかクーマにいいようにだまされたような気もするので自分でも調べてみました。だってやっぱりトレーニング後のビール。それも夏のゴクゴクは最高ですものね。

納得できないから調べてみることにした

昨日はアルコールを飲むと筋タンパク質を合成する力が弱くなる…でいいのかな。まぁとにかくそんな感じのことがわかりました。

でもこれあくまでも調査結果で、たまたまってこともあるじゃないですか。そこでもっと詳しいことを調べてみることにしました。

  

やっぱりアルコールは筋肉の敵だった

結果は最悪です。アルコールは筋肥大に悪影響を与えることを証明するエビデンスを発見してしまったのです。

筋肉はふたつの物質によってコントロールされています。筋タンパク質をつくるのを助けるタンパク質キナーゼ(mTOR)と反対に分解を担うユビキチン・プロテアソーム経路(UPP)です。

トレーニングをしたりプロテインを飲むとmTORが筋タンパク質に働きかけて筋肥大が起こります。僕たちの知ってる筋肉を破壊するとより強くなって再生するというあのメカニズムですね。トレーニング後のアルコールは、この役にたつmTORの活動を邪魔してしまうのです。

 

アルコールが筋肉にマイナスな理由はそれだけじゃなかった

追い打ちをかけるというか、とどめを刺すような資料を発見しました。僕たちのカラダには、オートファジー(自食作用)という仕組みがあります。

これは細胞の中のタンパク質量をコントロールしたり、タンパク質のリサイクルを行うことでカラダの状態を一定に保つ役目をしています。

この仕組みのおかげで、細胞内に入ってこようとする病原物質を排除したり、がん細胞の抑制が行われたりと、僕たちの健康は保たれているようなのです。

アルコールはこのオートファジーにちょっかいを出して勝手に筋肉細胞を死(アポトーシス)に追いやっていたのです。

 

筋肉を作らせない分解する

筋肉の量は、作ると分解するのバランスによって決まります。トレーニングの後に飲むアルコールは、mTORの活動を邪魔して筋タンパク質の合成を抑え、反対にオートファジーを狂わせて筋肉を分解とダブルで筋トレに悪影響を与えるのです。

ここまで悪役だったかアルコール。うすうす感づいてはいましたが、やっぱりね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です