ケガと筋トレのこと。連投です。小心者で考え方に甘いところのあるタンタンに代わって今度はクーマが書きます。言ってることタンタンと違うかもしれない。それも二人ブログの個性だと思ってください。

  

筋トレ、ジムでのケガには2種類ある

一つはトレーニング中のケガ。ウェイトトレーニングやマシンで重すぎるものを持ち上げたりしたときに起こるケガです。筋肉や関節が重さに耐えきれなくなるんです。このケガへの対策は正しいフォームでやる、無理をしない、だれかにサポートしてもらうの3つです。これさえ守っておけば滅多なことにはなりません。

フリーウェイトでは基本ジムにある幅広のベルトを使う

ケガをしないためには心の準備の他に道具の準備も大切です。その点は力の弱い女子の方がいかにもなマッチョよりわかっていると思います。力に自信がない代わりに慎重ですから。大抵のジムにある幅広いベルト。あのベルトを使うとケガだけでなく腰痛の防止にもいいのです。締めるときはお腹を凹ませてギュッと締め付けます。自分でできなかったら誰かに手伝ってもらうといいです。背骨が曲がった状態で重いものを持ち上げると腰に負担がかかります。フリーウェイトではケガや腰痛になりたくなかったら装着するが基本です。タンタンもベルトなしスクワットで腰にきたみたいです。甘く見るなです。

 

  

手と手首まわりで使っておいた方がいいもの

滑ったり、握る力が弱って支えきれなくなったりの握力系の事故もありがちです。ダンベルやバーベルを扱うときは滑り止め用のグローブがいいです。これだとバーの部分のギザギザが手に当たることもなく、落としたりして足をケガすることもありません。3000円以上する高級品もありますが、どうせ消耗品1500円前後のもので十分。手首用のリストストラップも女性や握力の弱い人にはあるといいものです。

ダンベルやプレートなど道具でのケガ

ジムにはトレーニング用の道具がたくさんあります。使い方のよくわからないものもあります。落としたり、ぶつけたり道具で起こるケガにも注意です。タンタンはダンベルをラックに戻すとき指を挟みました。いくつになっても不注意はなおりません。タンタンだけではないようです。プレートやダンベルを足に落としたり、つまづいたり、バーベルをラックに戻すときに片方の位置を間違えたり、留め具をつけ忘れたり。注意力が途切れたり、正しい使い方を知らなかったり原因は様々です。そばにいる人にも迷惑です。重いものを扱うときはひとつひとつの動作に注意する、トレーニング中の人に近づかない。このあたりがケガをしないための知恵。では安全なトレーニングで元気な毎日を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です