空いてると思ったんですけどね。ホラッこういう時期ですから。ですが現実は、朝早くから激混み。なにこれ?みんな外出を控えてるんじゃなかったの。おかげで午後からの会議に遅刻しそうになりました。

 

淡々としている老人たち

高齢者は特にキケン。そう聞いていたのに高齢のしかも自分で歩けるほどに健康そうなお年寄りが多い。しかもですよ楽しそうに世間話なんかしてるの。待合室の椅子も1mどころか平気で隣同士に座ってましたよ。大丈夫コレ。開き直ってる。いやいや違うでしょ。想像ですがこの方々恐怖より飽き、嫌気の方が先行してしまったのではないかと。愚考ですかね僕の。

 

異常も日々続けば日常になる

今日の病院の様子を見て昔見た映画のキャッチフレーズを思い出しました。人間は人によって遅い早いの違いはあってもいつしか状況に慣れていく生き物なのかもしれません。そう思ったらなんだかとても気が楽になりました。いやこのなんていうか閉塞感でね、ちょっとマイナーな気分になりかけていたから。これからも日々の生活に十分な注意はするけど、心配のしすぎはやめておく。とりあえずそれでいっときます。お年寄りたちにならって淡々とね。だってほら僕もタンタンですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です