全国的になった引きこもりライフ。まだまだ2週間以上も続きます。おウチ筋トレがんばるゾ。というヒトはともかく、通勤電車の地下鉄の階段とも縁遠い日が続くとつい食べ過ぎたり、運動不足になったり、カラダのリズムも乱れがち。そんなときは、自分のカラダと半径1.5mほどのスペースさえあればできる最強の下半身トレーニング、ジャンプで切れのあるカラダをリボーンです。

 

ジャンプをあまく考えると恥をかく

若い子ならともかく30歳を過ぎるとジャンプはキツイトレーニング。最初はイケるねのイメージでも、ちょっと続けるともう体重と日頃の運動不足がジャマをします。この機会にメンテナンスも兼ねて下半身強化、ついでもダイエット効果も

下の動画は僕のおすすめ、ジャンプバリエーションてんこ盛りです。20パターンものジャンプトレーニングメニューが3分30秒ほどのなかにぎっしり詰まっています。

 

実は全身運動むしろこれだけでダイエット効果もジャンピング・ジャック

一見カンタンそうに見えますよね。でも最初にでてくるジャンピング・ジャックひとつとってもはじめてのヒトにはレベルハイ。20回もやると、こんなはずじゃなかったになることほぼ確定です。

さっき下半身を強化と書きましたが訂正します。ジャンピング・ジャックは、やり込めばむしろハードな全身運動。腹筋、背筋、肩、骨格筋、臀筋、もちろん脚だって。それだけじゃありません、体脂肪の燃焼や心拍数もアップ。筋持久力も上昇するというなんとも便利なトレーニングなんです。

でも、その分キツイことはキツイんですけどね。でもダイエットにもいいし、習慣化すると疲れにくくなると効果の方もキツさに比例して高いんです。

いちおうジャンピング・ジャックのやり方も

1〜3の動作をリズミカルに繰り返します。最初はゆっくり10回程度、少し慣れてきたらスピードをあげて20回ほど行います。

1.気をつけの姿勢でまっすぐに立つ
2.ジャンプしながら両足を大きく開くと同時に両手を頭上に
3.両手両足を閉じ気をつけの姿勢にもどる

最初にこのメニューを行ってからほかの筋トレをやると効果はさらにアップ。余裕がでてきたら先ほどの動画にでてきたその他のジャンプにもチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です